WORKS 作品


矢崎総業株式会社 企業プロモーション

グラフィックツール制作(ポスター、雑誌広告)
プランニング アートディレクション デザイン 撮影 ライティング

企業と生活者との「距離感」

環境をテーマにした企業広告の制作。
クライアントは、自動車部品の製造を主とする機器メーカー。

環境問題について企業が語るとき、生活者に向けてどのような語り口でアプローチすることが最適なのか——。
すなわち、企業と生活者の間で交わされるコミュニケーションにおいて「ほどよい距離感」を見いだすこと。
これを、解決すべき課題とした。

制作にあたっての主な指針は以下の通り。
◎課題解決のための環境がテーマであるからといって、啓蒙的なメッセージはNG
◎広告を目にする人の「想像力」を信頼する。
 ⇒美しい自然を目にした人はその自然を残したいと感じ、壊れゆく自然を目にした人はその惨状をなんとかしたいと感じるはず。
◎想像力を喚起するために、写真家・藤井保氏の撮影する写真によってビジュアルにさらなる強度を与える。  ⇒その結果、矢崎総業という企業の環境に対する姿勢を伝える。